トレビア

Airdrop(エアドロップ)をまとめてみました。

Pocket

Airdropとは

Airdropとは?

ブロックチェーンプロジェクトが、コインもしくはトークンを”無料”で配る事です。
無料でコインを配る事で知名度を上げて、ホルダーを増やしたりする事が目的です。

コインによっては、無料でコインを配る代わりにTwittterやTelegramでフォローをお願いする場合もあります。

無料でコイン配るので、宣伝をお願いしますという事ですね。


どの様に貰えるの?

プロジェクトによって貰い方が異なりますが、一般的に以下が必要となります。

1.メールアドレス
2.Ethereumウォレット
3.Twittter
4.Telegram

この4つぐらいがあれば、殆どのAirdropが貰えます。

1.メールアドレス
プロジェクトの登録には必ず必要です。

2.Ethereum ウォレット
コイン受取用のアドレスです。
Airdropで貰うコインの受け取るアドレスになります。
取引所にあるアドレスではありません。
MyEtherWalletなどを用意しましょう。

3.Twitter
プロジェクトのアカウントのリツイートをお願いする場合があります。

4.Telegram
プロジェクトからの連絡や進捗状況などに使用します。
LINEの様なメッセージアプリです。

換金方法

コインを貰ったら、換金をしましょう。

換金するには、最低条件として
取引所に上場しないと換金は出来ません。
上場しないと換金が出来ませんので注意

上場が出来た場合、BTCなどのメジャーな通貨に交換します。
そして、国内の取引所に送金して換金します。

これで無事に現金に交換する事が出来ます!

ICOに投資して上場が出来ないとお金は戻ってきませんが、
Airdropで無料で貰えるのはリスク0ですね!

注意点

全てのAirdropが安全とは限りません。
以下の事を守る事を強くオススメします。

1.パスワード
使い回しは絶対にやめて下さい。
Airdropのプロジェクト毎に変えて下さい。
取引所と同じパスワードは使用しない!

2.メールアドレス
Gmailなどフリーのアドレスを用意する。
取引所、会社などのアドレスを使用しない。
使い捨てと考えてコインを貰ったら、
アカウントを削除するぐらいでも良い。

3.Ethereum ウォレット
秘密キーは、絶対に伝えないでください。
秘密キーを聞く、Airdropは間違いなく詐欺

4.Twitter Telegram
Airdrop専用のアカウントを作成するのをオススメします。

まとめ

Airdropは地名度を上げる為に行なっているコインの無料配布です。

詐欺の案件がゼロとは言えませんが、上記の注意事項を守ればリスク0でお金を増やす事が出来ます。

過去には、10万程度になった案件も存在します。
これは、ネットで調べれば出てきます。

ICOは上場しなければお金は帰ってきませんが、無料で貰えるAirdropはオススメです。

 

 

スポンサーリンク




ソーシャルメディア

  1. TWITTER
  2. LINE@

スポンサーリンク







毎日相場観察を送ります

スポンサーリンク










PAGE TOP