ETH イーサリアム

イーサリアムがCasper(キャスパー) Sharding(シャーディング)へ移行

Pocket

 

ステーキング方法

イーサリアムでは、マイニングの事をステーキングと呼びます。
現在は、ビットコインと同様にPOW(プルーブオブワークス)で行なっています。


POWの場合、マイナーが競い合う事で、電力消費が問題になっています。

 

Proof of Workとは? 消費電力の多い理由

 

今月行われたイーサリアムの会議でステーキング方法の変更が提案されました。
POWからPOSへの変更です。

POSへ移行する事で、消費電力や改ざんの問題を解決出来ると考えられています。

ここで重要なのが、Casper(キャスパー)とSharding(シャーディング)です。

 

Sharding シャーディング

POWでは、全ての計算を全てのマイナーが同時に計算していました。
重複して行っていたため、無駄な計算、電力消費が問題でした。

シャーディングは、計算(仕事)を各マイナーへ役割分担させて、
一つ当たりの仕事量を減らします。

難しいですね。。。

例えば、100の仕事があったとします。
そして、マイナー(仕事する人)が5人いたとします。

POWでは、一番最初に仕事を終えた人だけが報酬を獲得出来るので、
5人が一斉に同じ仕事を全力で進めます。

POW デメリット:非効率、時間がかかる

しかし、シャーディングは違います。
この図をご覧下さい。

 

シャーディング

 

100の仕事を5人に割り振ります。

Aさんは30
Bさんは30
Cさんは20
Dさんは10
Eさんは10

仕事を分散する事で一人あたりの仕事量は減ります。
つまり、処理スピードは速くなります。

シャーディング メリット:高効率

 

 

Casper キャスパー

イーサリアムでのPOS(プルーブオブステークス)の名称になります。
POSの呼称をイーサリアムでは、Casper(キャスパー)と呼んでいます。

先ほどのシャーディングに話は戻りますが、仕事の割振り方もこの「キャスパー」が関係しています。
多くのコインを持っている人に優先的に仕事が割り振られます。

これは、POSの仕組みを理解すると分かります。

Proof of Stakeとは? POWとの比較 改ざんに強い仕組

POWにシャーディングを導入する場合、仕事量の割振りをハッシュパワーに依存してしまいます。
そのため、あるマイナーがハッシュパワーが51%以上になれば改ざんが可能となります。

いわゆる51%攻撃です。

そのため、イーサリアムはコイン保有量により仕事が割り振られる
キャスパーに移行して改ざんを防ごうとしています。

キャスパーでは、理論上51%以上のコインを一人のマイナーが
保有していれば可能ですが、難しいですね。

そんなイーサリアムですが、今回の会議でステーキング(マイニング)するには、
1500ETHが必要といわれていましたが、32ETHで出来ると決まりました。

日本円換算すると8400万円から180万円で可能となりました。
比較的身近になりましたね。

ステーキングは、イーサリアムをネットワークに預けてパソコンを起動させておけば可能です。
ガチホの方には、良いニュースですね。

ウォレットに眠らせておくよりは、ステーキングで稼いだ方がいいですね!

 

まとめ

イーサリアムは、現在のステーキング方法である、Proof of Workから
コイン保有量に依存して、Validatorになるキャスパーに移行する予定です。

更に、分散して仕事を割り振るシャーディングという技術も組み入れる事で
効率的にブロックの生成を行います。

ステーキングに必要なETHも1500から32へ変更になりました。

 

 

スポンサーリンク




ソーシャルメディア

  1. TWITTER
  2. LINE@

スポンサーリンク







毎日相場観察を送ります

スポンサーリンク










PAGE TOP